読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

「東洋のモナリザ」を見にバンテアイスレイ遺跡に行ったら、想像以上に良かった話。

ご訪問ありがとうございます!

当ブログはカンボジア情報ランキングに参加中です!

クリック↓して頂けると励みになりまーす!!\(^0^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

遺跡ネタ、またまた更新です。

今日は、ここ。 

クバールスピアンとセットで行ける遺跡、バンテアイスレイ寺院です。

 

 

バンテアイスレイは、967年、ラージェンドラヴァルマンによって

建てられた、ヒンドゥー教寺院だそうです。

ジャヤヴァルマン4世がアンコール王朝をコーケーに移し、

それを元に戻したのがこの、ラージャンドラヴァルマンさんという人。

 

そのほかに何をしたのかは・・・よく分かりません(笑

 

f:id:candyman0618:20150310012121j:plain

郊外の遺跡にも関わらず、遺跡の手前には案内看板やお土産やさんが・・・。

ここを抜けると、遺跡の中は日陰がありません。

念入りに水分補給し、いざー・・・!

 

 

f:id:candyman0618:20150310012128j:plain

この寺院は、ラテライトという石と紅い砂岩で出来ているそう。

アンコールワットとは雰囲気が違い、全体に赤ちゃけた感じ。

 

f:id:candyman0618:20150310012123j:plain

強い日差しや雨風に晒されているにも関わらず、

破風がこんなに綺麗に残っていました。

これが、ラテライトで作られたバンテアイスレイの特徴なのだそう。

 

f:id:candyman0618:20150310012124j:plain

上の破風とは違うものが描かれています。

これはラーマーヤナ物語の一部。

魔王ラーヴァナがシータ姫を誘拐しようとして、

それに立ち向かう兵士たちが描かれているんだそうです。

 

ラーマーヤナについては・・・

これで、読んだフリ、分かったフリ、しておきましょう・・・。

 

f:id:candyman0618:20150310012125j:plain

私にはクメール語に見えますが・・・違うんですって。

クメール語・・・難しい、難しすぎるよ・・・。

 

f:id:candyman0618:20150310012126j:plain

一つ一つ、彫が細かい!

千年以上前に掘られたレリーフがこんなに綺麗に残っているなんて・・・!!

 

f:id:candyman0618:20150310012127j:plain

そしてそして・・・

これが「東洋のモナリザ」と呼ばれているデバター。

1923年にアンドレ・マルローというフランス人 がデバターを盗掘し

逮捕されたことで、この寺院が有名になったんですって。

 

森の中にひっそりと佇む「真っ赤な遺跡」バンテアイスレイ、

とってもとっても、綺麗な遺跡でしたー!

 

↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

こちらの記事も読まれています