読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

見る価値アリアリ。アプサラダンス&ディナーショー

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはカンボジア情報のランキングに参加中です!
↓クリックしていただけると励みになります\(^o^)/!!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

どうも!カンボジアのボジ子です。

最近すっかり読書の虫になってます。

電子書籍の「どこまで読んだか分からない感」にいつまで経っても慣れません。

「めくった感」の無さにも違和感が。

順応性低めですが、今日も元気にシェムリアップの観光情報お届けします。

 

 

 

 

1月のことですが、初アプサラダンスディナーショーに行ってきました!

ディナーショーで見るのは初めてです。

f:id:candyman0618:20150217195421j:plain

せ~っかく一眼レフ持っていったのに・・・
SDカード忘れたんですよ(^0^)はっはっは。。。はっはっは。・・・はぁ。
 
まず最初に出てきたのは、 
春巻き的な何かと、どろっとしたスープに肉団子が入ったもの。

 

f:id:candyman0618:20150218135835j:plain

そして、カンボジアの伝統料理、アモック。私が大好きな料理です(^^)

こんな風に作るんだそうです。材料、日本では手に入る気がしないなー。

 

デザートは撮るの忘れました・・・ダンスに夢中になっちゃって。

 

f:id:candyman0618:20150218135848j:plain

アプサラダンスは、アプサラスというインドの神話に出てくる天女が

語源になったと言われているカンボジアの宮廷舞踊で、

アンコールワット遺跡群のレリーフにも数多く残されています。

ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

シェムリアップのレストランのディナーショーで手軽に見ることができますよ。

 

手軽に見れる、とは言っても、アプサラダンスは

「ポルポト政権下」で滅びかけた伝統のひとつであります。

医者、教師をはじめ知識人が弾圧の対象となったクメール・ルージュの内戦で、

堕落した文化と見做され、王室の宮廷舞踊養成学校で学んでいた踊り子の

なんと9割が、処刑されたと言われているそうです。

その後、難を逃れ、内戦を生き抜いた継承者によって復活した伝統舞踊・・・。

再建が始まったのは、1990年ごろ。ちょうど私が生まれた年であります。

なんとなあ。自分が生きてきた24年間をこんなに重たく感じたのは初めてです。

 

f:id:candyman0618:20150217195505j:plain

「ロニアッ(ト) アエッ(ク) 」と呼ばれる木琴や、

(最後の子音が無くなるカンボジア語、むずかしい・・・w)

「スコートム」(大きい太鼓)、「スコートゥイ」(小さい太鼓)

の音色にあわせてしなやかに踊る女性たち、

とっても色っぽいんです・・・!

 

指が反れば反るほど優秀なダンサーらしく、

アプサラダンスを習っていたカンボジア人の友人は

「レモングラスの朝露を手につけて指を極限まで反らせるストレッチ」を

毎朝かかさずやっていたのだそう。

指が柔らかくなるおまじないまで、なんだかお洒落じゃないですか。

 

f:id:candyman0618:20150217195531j:plain

 古典文学に沿った演目や、華やかな衣装で舞う「天女の舞」、
男女がペアになってココナッツの殻をリズミカルに
鳴らしながら踊る「ココナッツダンス」などいろいろある中で、
私はフィッシングダンスが一番好きです。
魚を獲る男性と、穀物を収穫する女性を表現したダンスです。
センターの椅子に美少女が座り、男性がプルメリアの花を
頭につけてあげようとするのを焦らして焦らして・・・(笑
女性の表情がとっても可愛いくてこっちまで照れそうです。
 
ちなみに私が行ったのはコチラ。

Por Cuisine | Angkor Wat Restaurant, Siem Reap Restaurant, East and West Restaruant

モダンな作りの店内で見るアプサラダンス、

観光で訪れたときは是非見てみてくださいね~(*^^*)


↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

こちらの記事も読まれています

【懺悔・謝罪・後悔】アンコールワットの朝日。【本当にすみませんでした】 - カンボジアのボジ子

アンコールワット前の、例のバルーン!乾期のシェムリアップ観光にぴったり! - カンボジアのボジ子。

ボジ子おすすめ夕日スポット!季節によって景色が変わる、”プノンクロム” - カンボジアのボジ子

<遺跡編>後輩来カン!近郊遺跡、郊外遺跡レポ♪ - カンボジアのボジ子。