読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

きたきたきたあっ!!!!!飯野屋さんのおうどん、きたーーーーっ!!

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはカンボジア情報のランキングに参加中です!
↓クリックしていただけると励みになります\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 
日本だったら、ぽちっと押すだけの「お取り寄せ」。

海外に住んでいるとなかなか出来ないことなんですが、
日本に一時帰国する友人が運び屋役を快く引き受けてくれたおかげで
3日連続夢に出た飯野屋さんのおうどんが、
今手元にぃぃぃぃぃいいいっ!!




甘辛く炊いた厚切りの牛肉がたっぷりのった肉うどんが
本当に本当に美味しいお店なんです!!
半生麺とおダシのセットでは肉を堪能することはできませんが(笑、
おうどんだけでも大満足!!
エッジが立ってるのにもちもちやわらかで、
喉越しなめらかな女性っぽい麺(?)、最高です。


 

 
 
水曜どうでしょうの嬉野さんも絶賛してたという飯野屋さん、
実は、大学の学園祭実行委員会の後輩のご実家でもあります。
うどんの地丸亀の、飯野山の麓にあるうどん屋さんです。
 
これが2011年8月に四国初上陸したときの肉ぶっかけ。
うどん屋3件ほどまわって一番最後に行ったのが飯野屋さんでした。
最後の一滴まで飲みほした一杯。

 
 
そしてこちらが、2013年3月に妹子と2日で
強行瀬戸内海一周したときの・・・肉ぶっかけ。一緒かーい!
こちらも飯野屋さんの前に2軒まわった〆でした。
(1軒目をココにすると食べ過ぎて巡礼できないという賢明な判断w)
 
 

ライダー的にめちゃめちゃ嬉しいのが、駐車場もお店も広いこと!
他に行ったお店は民家を改造したお店だったり、山の中にあったりで、
駐車スペースがものすごーく限られてます。
そこに大型バイクを停めるだけでも少し申し訳ないし、
ツーリング先でメット盗られることほど困ることは無いから
ヘルメットは出来れば店内に持って入りたいけどスペースが、、、、。
となると、ヘルメットとタンクバッグを地べたに置いて、
自分のペースで食べられず、そわそわしながらちゃっちゃと済ませて
余韻に浸る間もなくすぐにお店を去ることになるわけです。

このお店は坂出インターから5分ぐらいだったと記憶していますので、
ここで四国の旅を締めくくって、帰りのルートを確認して一息ついてから
そのまま高速にのり淡路島をつっきる・・・
という、良い流れが作れました(笑



特に、2回目に行ったときは、
雨に降られながら夜中出発→大阪兵庫間の強風で高速断念
→加古川から2号をひた走り広島で出勤ラッシュにはまり尾道
→しまなみ海道堪能→道後温泉で暴飲暴食爆睡→早朝出発で香川へ
という結構体力奪われるスケジュールだったうえに、
タンデムして妹子の命あずかってたので、
最後に美味しいおうどん食べてほっと一息つけたのはありがたかったです。
(タンデムすると車体が安定して運転自体は楽なんですが、
一人の時に比べて精神的な疲労が溜まりまくりです。w)

・・・ちなみにこの日の帰り、草津SAあたりで母親に夕飯何?って聞いたら
「うどん!」と言われたので、多賀SAで食べて帰った記憶があります。
香川でいっぱいうどん食べたって言ったヤン・・・。

しばらくの間神棚に置いてお祈り捧げてからじゃないと
開封できない神聖な逸品なので(笑)、実食レポはまた次回に。


↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

いま思えば、

1回目は1回目で・・・、ZZR1400とNinja1000にエストレヤ250でついていく
ただの苦行だったなあと、しみじみ。。。
香川から下道だけで新浜、高知、徳島と一周したうち
エストレヤが輝いたのは新浜から高知に抜ける酷道だけでした。
(大型の二人はクラッチ握る手がご臨終してた)
次乗り換えるなら大型だコノヤロウ!と思ったツーリングでした。

高知のひろめ市場で、隣で飲んでた方が観光大使で、
頂いた名刺見せたら行くとこ行くとこ何かしらオマケしてもらえたのが
一番思い出に残っているw

ちなみに四国で一番美味しい日本酒は「南」だと教えてもらいました。
確かに美味しかった!!


ひろめ市場のあぶりたての極厚タタキ、塩で頂きたいっす。

四国、ええとこー\(^o^)/!!
 

こちらの記事も読まれています

 

「食べ歩き天国」台北の話。 - カンボジアのボジ子。

 

 

【一時帰国ネタその5】真冬の空の下2時間並んででも食べたい寿司 - カンボジアのボジ子。

 

 

もう一度ツーリングに行きたい鳥取砂丘。心揺さぶられた夏の風物詩”漁火” - カンボジアのボジ子。