読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

今までで一番うまく出来たかも!?そば粉カンパーニュ、ついに・・・!!!!!

ご訪問ありがとうございます。
当ブログはカンボジア情報のランキングに参加中です!
↓クリックしていただけると励みになります\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 
 

前回作った酵素液でさっそく元種を起こすことにしましたよ!
すっかり微生物の世界にハマってます。

用意するものは、
酵素液
強力粉
密封できる瓶
ミネラルウォーター
ゴムべら

瓶とゴムべらは煮沸消毒しておきましょう。

<1日目>
酵母液:強力粉=1:1からスタート。
粉と液を合わせてぐるぐるかき混ぜ、ふたを軽くのせて
暖かいところに置いておきます。























2倍に膨れたら一旦冷蔵庫に入れて休ませます。
6時間経っても倍にならない時も、いったん冷蔵庫へ。


<2日目>

青いテープの下のラインが、1日目に混ぜたときの高さです。
元気に発酵して、こんもりしてきましたよ~!
























中種1の全量に、水100cc、強力粉50gを足します。
1日目の中種が、3時間以内に2倍になった場合は、
発酵が進み過ぎです。発酵防止のため塩を加えます。

6時間たっても2倍にならなかった場合は、
水の一部を液種にするか、砂糖を少量加えて促進させます。

混ぜた直後は、ガスが抜けているので
最初につけた目印の少し上まで萎みました。
でも、ガスを抜いてあげるのも大切なんだそうです。
4~5時間で2倍になり、完成!



この元種の場合、元気すぎて3倍になっていたので、
酵母液は足さずに水と強力粉だけにして、
前日よりも涼しいところで発酵させました。

発酵がいまいちの場合は、2日目と同じ行程をさらにもう1日。
元種も酵母液も、継ぐげば継ぐほど発酵力が強くなるようです。
本当に不思議~!!
停電で腐らない限り、継いで行きたいな~って思ってます。
上手くできるかなあ・・・。



そしてこれが3日目の酵母。












発酵力のある元気な酵母にしたかったので、4日間継ぎました。
最終日にはこんなにふわふわに!












さて、これで元種の完成です!
ガスを抜いてあげると、柔らかくてぷるぷるで、
まるで生麩のような弾力。
面白いですね~。

生き物だと思うと愛着がわいてしまい、
「酵母君、あとちょっとでパンにしてあげるからね~!!」
とか、一人で考えながら作業してしまうんですが・・・。

飼ってるペットを240℃の窯に放り込むと思うと
ちょっと申し訳ない気持ちになります・・・。




↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

この記事も読まれています

 

☆レシピあり!天然酵母で手作りパンライフを。紅茶酵母を起こしてみた。 - カンボジアのボジ子。

 

 

☆レシピあり!紅茶酵母で中種作り。 - カンボジアのボジ子。

 

 

クープが開いたパンが焼きたい!!美味しい天然酵母カンパーニュへの遠い道のり。 - カンボジアのボジ子。