読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

2015年4月30日、退職しました。新卒でカンボジアに海外就職して良かったと思う3つの理由。

ご訪問ありがとうございます!

当ブログはカンボジア情報ランキングに参加中です!

クリック↓して頂けると励みになりまーす!!\(^0^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

わたくし、退職しました

私が新卒でここにやってきて働き、2年と1ヶ月。

契約満了をもちまして、退職しました。

昨日が最後の出社となりました。

たくさんの方にお世話になった2年間でした。

ありがとうございました。

 

 

海外就職して良かったこと

私は日本で正社員として働いた事がなく、比較のしようがないので、

ただシンプルに「ココにきてよかった~~~!」と思うことと、

「これヤベ~~~~!!!」ってことを、仕事そのものではなく、

「シェムリアップに住んで働く」というもう少し広い視点から、

つらつら書いていこうと思います。

 

1.面白い人に出会える

 

起業家や投資家、ノマドワーカー、個人事業主の方などなど・・・

ここに居ると、自分の「仕事論」を確立して、

強くたくましく、そして自分のやりたいことをやって生き生きと

仕事をする人たちに出会うことができます。

www.bodiko.net

大昔の記事ですが、日本に居たら絶対出会えないであろう人たちと

出会う機会もいただくことができました。

話している内容はぜんぜん分からなかったけど、

いろんな経営者の方と交流できたことは私にとってめちゃめちゃ刺激的でした。

一橋大学のMBAを取ったミャンマー人のお姉さんや、

日本でも働いた経験のあるラオス人の社会起業家などなど・・・

今思えば、もっとガツガツいっときゃよかった~~と思うんですが

あの時は超絶びびりまくっていました。

 

コッチで出来たお友達や、在住の先輩がたも、

なにやら変わった経歴を持っている人たちばかりで、

女子会はいつも「そんなことありえへんやろ」な話題が

次から次へと飛び出します。

色んな国に住んでいた人の話を聞いたりするのって、本当に楽しいです。 

こっちでの「あるあるネタ」は日本では共感されないことばかりなので、

自分の中の「ふつう」の概念が壊れました。

 

女子会中にサー・・・と気持ちいい風が吹き抜けた瞬間

「(スコール)くる!帰ろ!」ってなったり、

 

「(オーダーしてから)1時間たったよなー」「まぁドリンクきてるしいっか」

って心のキャパシティが無限になったり、

 

おかゆから大き目の虫(カナブン系)が出てきたときに

「これぐらい大きいと具なのか入ったのか分からないよね」と

よけて平気で食べ続けたり、

 

通過儀礼のように「アメーバ赤痢なったー?」「まだー」

「デングならなったよー」みたいな話が出てきたり、

 

自然にかえっていくというか、たくましくなるというか、

野生化する・・・というか・・・

 

 

2.面白いポジションにつける

 

入社してすぐにマネージャーになった、1店舗任された、

現地の人たちの上に立ってマネジメントしている、などなど・・・

シェムリアップに飛び込んできた同世代の人たちにも

「管理職」について働いている人はたくさん居ます。

高い確率で、面白い役職につけるチャンスがたくさんあると思います。

仕事の一つ一つが私にとって貴重な経験でしたし、

これが海外で働くにあたっての一番の魅力でしたね。

 

 

3.自分の時間を作りやすい

 

都市部に会社があるけど、家賃が高いから1時間かけて通っている・・・

日本では割と「普通」のことだと思うんですけれども、

満員電車に揺られて人ごみに揉まれ、毎日往復2時間なんて

私には絶対耐えられません。

今の私、5分ですよ、5分。

家から職場まで、タイカブでのほほん走って、5分。

通勤時間が往復10分って、最高です。

 

もちろん、街は小さいし娯楽も少ないし、イオンに行くためだけに

陸路で片道8時間揺られるような飢えっぷりではあります。

シェムリアップにイオン・・・・・できてほしかったなあ。

無理か。無理やな。

 

逆に!海外就職で気をつけるべきこと

 

1.年金

 

何も調べず住民票を抜いてきてしまったばっかりに、

いま支払っていない年金を後から遡って納めることが出来なくなりました。

任意で年金に加入していれば大丈夫だったんですけれども、

住民票を抜いている期間は納める事すら出来ないんだそうです。

なーーーにーーーー!?やっちまったなあ!!とか言ってる場合じゃないです。

もしも何かあって働けなくなったとき、

家族や、将来家族になる人にトンデモナイ迷惑がかかるなぁと、

いまになって大変反省しております。

 

 

2.歯の治療

 

歯の治療、保険効きません。

高い保険だったら歯科特約?がついているのもあるのかもしれませんが、

私が加入している保険は負担外。

日本で国民健康保険に加入したままこちらに来れば、

日本に帰ってから保険適用分の治療費を請求できますが、

私は1年以上日本に居ないため住民票を抜いてから出国してきたので

それも出来ませんでした。

 

結論から言うと日本で治してくるべきだったのですが、

ちまちまと何度も通うのが嫌で、

神経を抜いて仮詰めにした歯×2、大き目の虫歯×2、

すべてほったらかしたまま移住してしまったのです。

 

こちらに来てから急に痛み出し、ついには歯根のあたりに膿が溜まって

歯茎が爆発。(笑)

しばらく口の中が血だらけになり、

「これ、死ぬかもしれない・・・」と怯えました。

 

日本人の先生が居るところに通いつめ、

色々相談にのってもらいながら最善の処置をしてもらった結果、トータルで

2500ドルかかりました。

30万以上です、30万。・・・。ひょっほーーーwww

カンボジアの場合、治療費は高いけど、セラミックは安い。

日本だったら、治療費は安いけど、セラミックが鬼ほど高い。

セラミックのクラウン4箇所入れて30万・・・

トータルで考えたら日本で治療受けるのと

対して変わらないんじゃないですかね?(ポジティブ

それに、予約も取りやすかったし、先生とのお話も楽しかったし、

一緒にランチ行ったりできたし、

1回の治療で3、4箇所治療してもらえて時間も短縮できたし、

お金以外のことは全く、全く後悔してないんですけどね(ポジティブ

 

 

3.雇用条件

 

私の勤めていた会社は契約書がきちんと用意されていて、

雇用条件は大変クリアでした。

もし、自分で起業するのではなく、どこかの会社で雇ってもらう場合、

ビザや海外保険、一時帰国、労働許可証のコトなどは、

最初に明確になっているのがベストですよね。

後々「エッ!?」てなってからでは遅いので・・・。

 

というわけで

「良かったと思うこと」は、本当はまだまだ幾らでもあるんですが、

書き始めたらとまらないので3つに絞ってみました。

 

退職って、なんだか実感沸かないなあ。

というのが今の正直な感想ですが、

「これから」に意識を集中させて、面白いコトに飛び込むチャンスを

虎視眈々と狙っていきたいと思っています。

 

そんなワケで、明日から

ボジ子(ハイパーエグゼクティブニート Ver.0.0.1)

です。よろしくお願いします。

 

↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

こちらの記事も読まれています