読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

☆レシピあり!筍の時短簡単あく抜き法。筍ご飯もあるよ!

 すっかり桜も散ってしまいました

 日本に居ると本当に気持ちが急ぐなあ。

4月のTOEICの試験も桜の如く散った私ですが、

来月から新しい形式に変わるとのことですので

気を取り直して勉強に励みたいと思います。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

 

目指せ750、願わくば・・・800。

ううん、留学かなあ。留学やなあ。 

 

 

春の味、たけのこ。

「仕事で採ってきた」と突然渡された、小ぶりのたけのこ。 

いやいや全然違う職種のお仕事ですやん?と思いながら受け取りました。

f:id:candyman0618:20160415103153j:plain

「糠無いやん。どうすんねん。」

と悩んだんですが、先日妹と遊んだ時に

「テレビでやってたけど、たけのこは大根おろしで灰汁抜きするらしい」

と言っていたのをおもいだして、やってみることにしました。

 

f:id:candyman0618:20160415103154j:plain

皮ごとおろした大根を水で倍に薄めて、塩を小さじ1ほど入れたところに、

皮をむいて縦に割った筍を投入。

大きさにもよりますが、小さく切れば30分、大きいものだと1時間ほどで

灰汁が抜けるようです。

皮を剥く前は結構大きいのに、中身ってほんと小さいんですよね。

小さいのは小さいので、柔らかくて美味しいんですけれど、

おかかと煮るにはちょっと物足りません。

 

米ぬかと一緒に2時間以上茹でて4時間冷まして・・・とするのが

一般的だと思いますし、

私の記憶では母親もずっとそうしていました。

でも、調べてみたら、時間もかかるし片づけも面倒なのに

アクはあまり抜けていないんだそうです。

なんてこった。

 

f:id:candyman0618:20160415103155j:plain

大根おろしの量が結構多かったので、

あの量の筍だけじゃなんだかもったいないなあ・・・と、

近所の八百屋で北九州の合馬産の

大ぶりの筍を一本買い足しました。

皮を剥くのに難儀しましたよ、なんせこの大きさなので。。。

 

f:id:candyman0618:20160415103156j:plain

あくが抜けたら、塩をひとつまみ入れたお水に筍を入れて水煮にします。

竹串を刺してすっと火が通ったら、これで下準備OK!

いや~簡単で助かりました。

ナイス、妹。

 

そして筍を使った美味しい料理といえば

f:id:candyman0618:20160415103157j:plain

お米を3合研いだところに、

醤油大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、酒大さじ2を入れ、

だし汁を3合の線まで入れます。

正味250gの筍を切って入れてスイッチON!

好みでお揚げさんなんかもあるといいかもしれませんが、

私は見事に買い忘れました。

悔しいのう・・・悔しいのう・・・・・!!

 

f:id:candyman0618:20160415103158j:plain

ちょっと食感は落ちちゃうんですが、

こうしておけば食べたい時にジャーにぶっこむだけでいいので、

もう1回筍ご飯を楽しめるように冷凍保存することにしました。

なお、あとから買い足した合馬産の筍は、

先端の柔らかい部分と根っこの固い所を分けて、

水煮にして冷蔵庫で保存してあります。

毎日水を替えれば4日は大丈夫。

根っこの方は、おかかと一緒に煮物にする予定(^^) 

先端のほうは・・・どうしようかなああ。

炒めても煮ても旨いんだもの・・・困っちゃうよ(╹౪╹*๑)

 

f:id:candyman0618:20160415103733j:plain

じゃじゃーん!!!

木の芽を添えるだけで、、、あーなんてすばらしい香り(*˘︶˘*).:*♡

 

  

自分で作る水煮は、安心して使えるし、安心して食べられますね。

ちょっと手間はかかるけど、美味しかったら何でもいいんです。

急いでやったから姫皮殆ど捨ててしまったことだけが

今回の失敗です。

次回はぜんぶ大切に食べます。

 

ごちそうさまでした~╰(*´︶‘*)╯

 

こっそり滋賀弁LINEスタンプ販売中。ご購入はコチラから!

そしてこっそり関西弁LINEスタンプ販売中。ご購入はコチラから!

11キロ痩せたオススメのダイエット本はコチラですよ。

こちらの記事も読まれています