読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

3泊5日で楽しむ、初めてのカンボジア!ボジ子が旅程をアレンジするとこうなる。

今週のお題「ゴールデンウィーク2015」

 

ご訪問ありがとうございます!

当ブログはカンボジア情報ランキングに参加中です!

クリック↓して頂けると励みになりまーす!!\(^0^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

停電断水停電断水停電断水停電断水停電断水 

一昨日から停電と断水を繰り返してます・・・。

本当に、勘弁してほしいです。

冷蔵庫の中を整理したいのに料理もお菓子作りも出来ない、掃除も出来ない・・・。

 

停電はまだ何とか耐えられますが、断水はそろそろキツいです。

水が出なかったらなーんにも出来ない・・・。

昨夜またシャンプー中に水が止まって、私のイライラはピークに達してます(笑

 

何日・いくらぐらいあったら楽しめるの?? 

このゴールデンウィーク、みなさんはどちらに出かけられましたか??

「なんかブログでおいしそうなレストランいっぱいのっけてる人いるし

カンボジア行ってみっかな~」

なんて人が一人でも居てくだされば嬉しいですが・・・

レストランばっかり載せていてもあんまりイメージ湧かないですよね(^^;)

 

実際いままで、

連休取ってカンボジア行こうと思うんだけど、何日休み取ればいい??

と、遊びに来てくれた友人たちから毎回聞かれていました。

 

私の答えは、「現地滞在は最低3泊」です。(予算は行く場所によりけり)

2泊は、正直、しんどい・・・。

私でもしんどいのに、飛行機で往復8000キロ移動はもっとしんどいでしょう。

 

私がオススメするのは、

1日目 日本発→夕方にシェムリアップ着

2日目 近郊遺跡観光

3日目 郊外遺跡観光

4日目 のんびりホテルステイ+マッサージ+アジアン雑貨めぐり、夕方発

5日目 朝から昼の間に日本着

というプラン。ゴールデンウィークにぴったりですね!

現地滞在2泊となると、この4日目のリラックスタイムがごっそり削られるため

遺跡観光から戻って汗だくで帰らなければなりません・・・。

 

先日、ゴールデンウィークを利用してボジ男がカンボジアに来ていた時の

タイムスケジュールを見ながら、

もう少し詳しく見て行きましょう(・▽・) 

 

 

 

 

 1日目

昼ごろに日本発

19:10 シェムリアップ空港発

20:30 道中のローカル中華でテイクアウェイし、ホテルチェックイン

2日目 アンコールワット遺跡 小回りコースめぐり

・05:00 ホテル出発、チケット売り場を経由してアンコールワットへ

f:id:candyman0618:20150506171041j:plain

ゴールデンウィーク、人多し。

1日チケット $20(当日のみ有効)

3日チケット $40(一週間以内の3日間有効)

7日チケット $60(1か月以内の7日間有効)

使える遺跡が限られていますので、

自分の行きたい遺跡がチケットの対象かどうか

よく確かめてから買いましょう。

 

ちなみにこの日の移動手段はトゥクトゥク。

安心できる友人のドライバーをチャーターしました。

小回りコースで1日1台$15+チップでいつも$20~$25ほどお渡ししています。

(夕日を見る場所が遠かったり、帰りが遅くなったり、

途中で豪雨に見舞われたりしたら少し多めにチップを払っています。)

 

 

06:30 朝日鑑賞

f:id:candyman0618:20150506170838j:plain

季節によって時間が違うので事前に確認が必要です。

こんなこともありますので要注意。

 

07:00 いったんホテルに戻り朝食

f:id:candyman0618:20150504231348j:plain

7時にはアンコールワットに入れるようになるので、

人が居ないうちにアンコールワットを拝観するという手もあります。

でも、ヴィクトリアの朝食を食べるか、ゆっくりアンコールワットを見るかの

2択だったら、もちろん前者を取るしかないので、

一度ホテルに戻ってモーニングを。

アンコールワット周辺でもローカル屋台の朝ごはんは食べられますので、

ホテルのモーニングが惜しくない人は是非朝日を見たついでに

涼しいうちにアンコールワットをゆっくり拝観しましょう。

 

09:30 ホテル再出発、アンコールワットへ

f:id:candyman0618:20150506172258j:plain

アンコールワットは西向きに建てられた寺院ですので、

午前中は逆光になります。

その時間のほうが人が少ない(らしい)ので、私はいつも午前中に

アンコールワットに行きます。

逆に、午前中はタ・プロムやバイヨンが混みあうので、午後にまわします。

 

アンコールワットの第3回廊は、トゥガイ・セル(仏日)は

登れない決まりがあります。

上の写真の急な階段をのぼりたい人は事前に調べておく必要があります。

(その他国賓訪問や王室行事で登れなくなることもあります)

f:id:candyman0618:20150506173441j:plain

ちなみに、一昔前までは観光客もこの階段を這って登っていたとかなんとか・・・。

高所恐怖症の私には一生トラウマになるような傾斜です。

昔の人、やばいっす・・・。

 

11:30 ランチタイム

ここでいったん街中に戻ってランチタイムです。

彼氏と一緒にアンコールワット遺跡群巡りをしたときは

ヴィクトリアで限界まで食べたのでランチはパス。

あれ以上食べたら、午後の遺跡観光に影響が・・・(笑

 

普段、お昼によく行くのは中華です。

ハードロックカフェのすぐ近くにある中華「帝皇殿(エンペラーオブチャイナ)」

飲茶、ほんとにほんとに美味。

f:id:candyman0618:20150506212737j:plain

お箸でつついたら中から肉汁がジュワァ~っと!

蒸し立ては激烈熱いので、気を付けてお召し上がりください・・・!!

f:id:candyman0618:20150507004920j:plain

餃子、焼売、大根餅をはじめ、色んな飲茶が2.8ドルで楽しめます。

(種類によっては高いものもアリ。)

円換算すると高く感じますが(笑)、そのへんは気にしてはいけません。

2人で満腹食べて14ドルぐらいです。

 

13:00 タ・プロムへ

f:id:candyman0618:20150507005358j:plain

アンジェリーナジョリー主演「トゥームレイダー」のロケ地としても知られる

タ・プロム遺跡。

絞め殺しの木に何百年もかけて乗っ取られた美しい遺跡です。

がじゅまるに寄生するイチジク科の植物が鳥のフンか何かと共にここに落ち、

遺跡の石の間に根を這わせてここまで大きくなりました。

 

f:id:candyman0618:20150507005418j:plain

タ・プロムの観光名所(?)といえばこの、

木の根の隙間から微笑むレリーフ。

いつも遠くからしか撮れないので、今日は望遠レンズ持参。

近すぎました(笑

f:id:candyman0618:20150507010559j:plain

こんなカンジで遠くから見ることができます。

まさかあんなに微笑んでいたとは。

 

13:30 バイヨン

f:id:candyman0618:20150507011101j:plain

「美しい塔」という意味を持つバイヨン。

現地の方は「バイヨン」よりも「バヨン」に近い発音です。

 

f:id:candyman0618:20150507011120j:plain

全部あわせて117の「クメールの微笑み」を見ることができます。(諸説あり)

50もの塔の四面に掘られた穏やかな表情の顔、圧巻ですよ。

 

f:id:candyman0618:20150507011151j:plain

第一回廊には、神話や王様の戦いがメインのアンコールワットのレリーフと違い

「庶民の暮らし」が描かれています。

草木や動物、魚があちこちに登場していて、

大自然と共に生きていた人々の姿を見ることができます。

 

15:00 休憩

ここでいったん休憩しながら、

どこで夕日を見るー?なんて話をするんですが・・・・

f:id:candyman0618:20150507013015j:plain

チャーターしているトゥクトゥクを探しているうちに突風が。

目を開けていられないほど砂塵が舞い上がり、

当たったら相当痛そうな木の枝もゴトンゴトンと落ちてくる始末。

 

f:id:candyman0618:20150507012917j:plain

これ絶対スコール来る!!と瞬時に判断し、休憩する間もなくホテルに戻ることに。

案の定、途中で雷雨に降られました。

ドライバーに、トゥクトゥクの中で一緒に休もうよ~と言いましたが

「シャワー代わりだから(笑)」とホテルまで連れて行ってくれました。感謝。。。

 

ちなみに晴れの場合!

f:id:candyman0618:20150507013507j:plain

アンコールワット近くの「プノンバケン」からの夕日が有名ですが、

私は人が多すぎて苦手です。

それに入山制限がかかるので、16時には行って待ってないといけない・・・。

乾期で風の無い日であれば、

運が良ければ地上200メートルからの日没が見れたり・・・

同じチケットで入れるロリュオス遺跡群「バコン」からの夕日も見れたり・・・ 

雨季であれば東南アジア最大のトンレサップ湖に沈む夕日を見ることもできます。

(アンコールワットからは4、50分ほど離れます)

雨季であれば断然プノンクロムがオススメ。

 

19:30 オカマショー

ホテルでいったん汗を流したら、オカマショーへ!!

宮廷舞踊のアプサラダンスディナーショーや、

スバエク(影絵)のディナーショーもすてがたいですが、

今回はオカマショーをチョイス。

f:id:candyman0618:20150507013812j:plain

中央の女性は、美しい!!

端の方、後ろの方は、たまに男性ホルモンがむき出しになってます。

最初にアプサラダンスもあり、ボッカタオ(ムエタイのような古武術)もあり、

ただのニューハーフショーとは違いカンボジア文化が盛りだくさんで

見ていて全く飽きません!

2回目でしたが最後まで楽しめました。

 

終わったあとは出口にオカマが待ち構えています。

1人1ドルで写真が撮れるんですが、一人と撮ろうとするとまわりのオカマが

3、4人寄ってきて写真に写りこみ、チップを要求(笑)

「イチドル、イチドル」という声は完全に男性です。オカマの本気です。

 

21:00 ディナー

1日ハードに動き回ったあとはスタミナチャージ。

f:id:candyman0618:20150507014501j:plain

街外れのMahob Khmerで美味しいひと時。

カエルのフリッターや瓜のスープなどカンボジアらしいメニューと共に、

 

f:id:candyman0618:20150507014315j:plain

300gで6.8ドルとかなりバブリーなクメールビーフを頂きます!!

翌日のことも考えて、日付が変わるまでには寝ましょう。

 

3日目 郊外遺跡

この日は5時半起きでプレアヴィヒアとコーケーへ。

前の週に別の友人と全く同じコースを観光しているので

こちらをご覧ください。

タイムスケジュールは以下の通り。

05:30 ホテル出発

09:00 プレアヴィヒア到着

11:00 プレアヴィヒア出発

12:30 コーケー到着、軽食・コーケー観光

14:00 コーケー出発

16:30 ホテル到着

f:id:candyman0618:20150507015257j:plain

コーケー4回目にして、ようやくプラサットトムのてっぺんまでのぼってきました。

高いわ、階段きしむわ、怖いわ、景色を楽しむどころではありませんでしたが、

ちゃんと証拠写真は撮ってきましたよ!!

レンズにゴミが入ってるので右上にウォーターマークが入ってるでしょ(笑

 

他に郊外遺跡をまわるとしたら、

こういうコースがありますね~!

(この中ではプレアヴィヒアが一番遠いので、一番ハードです。笑)

 

19:00 ディナー

f:id:candyman0618:20150507015453j:plain

 2時間半ほどホテルで爆睡したのち、フレンチへ!

海老スープ飲んだら15分ぐらい一人でサークルモッシュできますよ。 

食べたあとはゆっくりナイトマーケットでお買いモノ。

日本人経営の可愛い雑貨屋さんはマストですよ!!

ピアスやネックレス、お香立てやTシャツまで色々揃ってます。

自分用も友達用にも!!おすすめです。

 

4日目 ホテルステイ・街ぶら

遺跡観光、運動会ぐらい疲れます。

最終日は街ぶらじゃないと体力もちません。

 

夜のフライトまで時間があるので、スパで疲れた体を癒しましょう。

南国気分のスパも最高ですが、本当にボリッボリに凝っているなら

JapaneseMassageMASA がオススメ!

f:id:candyman0618:20150507021229j:plain

カッピングで皮膚の奥底に沈着した老廃物を吸い上げて~~~

(イタ気持ちいいです。)

f:id:candyman0618:20150507021230j:plain

浮きあがったものをリンパに流す!流す!!!

凝ってる場所ほど紫色が濃くなるんだそうです。面白い!

 

そして夜!

シェムリアップ空港から日本に向けて出発でございまーす(・▽・)

 

5日目 日本着

ってわけで、結構もりだくさんでハードな現地滞在だということが

お分かり頂けたかと思います(笑

 

「歴史苦手だし遺跡とかよくワカンナイ」と2年前は思っていたのですが、

そのカッコよさに魅せられて何度も足を運んでいます。

同じように感じている人にも是非来て頂きたい!!

そうじゃなくても、世界各国の料理がこんなに小さい街で

選びたい放題なんて・・・素敵やん?!

次の大型連休、来年のゴールデンウィークは、

ぜひカンボジアに!お越しください!!!

 

カンボジアに行ってみたくなった!!

って方はぜひぜひ・・・

ブックマークお願いします☆

コメントや質問もお待ちしてまーす(^0^)ノ

 

↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

こっそり滋賀弁LINEスタンプ販売中。ご購入はコチラから!

11キロ痩せたオススメのダイエット本はコチラですよ。

 

こちらの記事も読まれています