読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのボジ子。

カンボジアで2年の仕事を終えて一時帰国中。シェムリアップの美味しいレストラン、手作りごはん・お菓子、たまに観光・旅行ネタ、ダイエット、コスメなど広く浅~~く。

ひと段落、つきました!

ご訪問ありがとうございます!

当ブログはカンボジア情報ランキングに参加中です!

クリック↓して頂けると励みになりまーす!!\(^0^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

 

いろいろひと段落!

まずは更新できなかった言い訳からです!笑

 

東京から戻ったあとは、荷物の片付けだとか、

資料作りだとか、色々、色々やっていて、

なかなかブログが書けませんでした。

という、言い訳です。すみません。

ずっとマンガ読んでました。

すっかりはまってしまいました。

 

両方作者は同じなのですが、

夢みる太陽

 

orange

orange : 1 (アクションコミックス)

orange : 1 (アクションコミックス)

 

 

どっちもキュンキュンバクバクですので

機会があれば是非ご覧になってください。

夢みる太陽は、完結していますので、

大人買いもオススメ!!


ぎこちない二人にこっちまで照れてしまいそうな

青春ラブストーリーでございます。

orangeはタイムトラベルというSF要素も含みつつ、

翔君と奈緒のすれ違う想いに思わず

ジタバタもじもじしてしまうような、

そんな素敵なお話です。

今4巻まで出てますが、年内に5巻が発売されて

それで完結すると作者ご本人がツイッターで

呟いておられたみたいですので、期待しましょう。

「翔君とハッピーエンドで終わらんなんだら、

ショックで1か月部屋から出れんわ」

と妹に言ったところ、苦笑いされてしまいました。 

 

 

 

最近あったこと

大学在学中に1コマ授業を受けていた先生が、

国際協力などでカンボジアに関わっておられるんですが、

私がカンボジアで働いているときに

友人(その先生のゼミ生)と共に

私に声をかけてくださったことがありました。

そんなご縁があって、日本に戻ってから、

カンボジアで働くに至った経緯やらカンボジアでの経験やら、

学生さんにお話することを約束させて頂きました。

 

それが最近、立て続けに3つありました。

小学6年生、高校1年生、大学1年生と

それぞれ聴き手の年齢に幅があり、

時間もテーマも興味関心のターゲットも全く違ったために

カンボジアについてのスライドを3つ用意するという

自分にとってなかなかハードなノルマを抱えていました(笑

物事を筋道立てて話すのがまず苦手、

よく考えてから話そうとすると何が言いたかったのか分からなくなる、

何も考えずに喋ったら取り返しのつかないことを言ってしまう、

そんなだと自分でもよく分かっていますし、

声楽やらなんやらで人前に立つことはいくらでもあったのに

極度のあがり症ということもあって、かなり億劫な気持ちでいました。

 

で、「国際協力に興味がある人が聴きに来る場所」であった

大学生向けの講演は話ながらどんどん気持ちが入っていったし、

「私の言葉を全部吸収する」小学生向けでは

純粋な生徒さんたちに「事実」が曲がって伝わっていないか、

8歳年下の高校生には「海外で働く」っていうことが

ひとりでも選択肢のひとつに入ってくれたらうれしいな、

なーんて色々と考え、模索しながら、お話してきました。

2年しかカンボジアに住んでいないのに

人前で話していいのかな、

一度口から出た言葉は回収できないのに、

いろんな事を捻じ曲げて伝えてしまわないかな、

と、お受けするまえにずいぶん悩みましたが、

きっと今まさに色々悩んでもがいてる私だから

みんなに響くこともあるハズ!と開き直って

3つとも引き受けて、結果、ヨカッタです。

 

在住の諸先輩方がポロッと言った「心に残った言葉」、

ほぼ日手帳に書き留めていてよかったです(笑

受け売りではない、決して、受け売りではない・・・w

 

京都大作戦が終わるまでは遊びモード、

それが終わったら恐怖のクレジットカード請求が待っているので

一生懸命バイトしたいとおもいます。

 

日々、だらだら。

もうちょっとだけ、もうちょっとだけ・・・(笑

 

↓読んだらクリック☆応援おねがいします\(^o^)/!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


カンボジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

こっそり滋賀弁LINEスタンプ販売中。ご購入はコチラから!

11キロ痩せたオススメのダイエット本はコチラですよ。

 

こちらの記事も読まれています

www.bodiko.net

www.bodiko.net

www.bodiko.net